やりぬき、信じぬき、生きぬく。

Live with Sports

生涯を通じてスポーツをやって、見て、応援する文化を。

今こそ、ワタシが愛する「ふるさと」を。

本法人は、2016年4月1日に2007年から荒川区で活動している女子サッカークラブFC HERMANAと2009年から同地区で活動している男子サッカークラブFC LIGARが提携を結び、設立されました。サッカー及びその他すべてのスポーツが持つ「つなげる」力。私たちは、その力を活かすことで、人々の想いを、町をつなぎ、そして、「東京の下町三区(荒川・足立・葛飾)を一つにしたい」と考えています。本来出会うはずのなかった人と人がスポーツを通じて出会い、絆が生まれ、人生を共に歩んでいく。町を歩くだけで自然と挨拶が飛び交い、そこら中に笑顔の花が咲いている、そんな温もりある町をつくっていきたい。その地域に暮らす人々の生まれた場所は異なっていても、今住んでいる場所に”ふるさと愛”を感じ、「私が住んでる町ってめちゃくちゃ良いトコだよ!」と胸を張って言える、そんな笑顔と愛情でいっぱいの温かい地域文化を育んでいきたい、そう考えています。人を介して次世代へと「ふるさと」文化が受け継がれていく、そんな未来を目指して・・・

企業紹介動画

なにをやっているか

NPOスポーツカントリーアンビスタの主要事業を紹介します。
少年少女サッカークラブ(FC LIGAR / FC HERMANA)の運営を中心に、小中学生の文武両道の支援(Academia Ambista)、未就学児と母親を対象としたヨガ教室(Raga)、小学生対象のチアダンス教室(W☆Orange)の運営を行っています。
その他、地域の子どもたちを対象とした『走力アッププログラム』、JFAの女子サッカー普及委託事業『なでしこひろば』、アスリードフードマイスター1級保持者を招聘しての『栄養講座』など地域貢献イベントを行っています。
2017年6月より荒川区南千住にアンビスタハウス(鏡張りスタジオ及びセミナルーム)の管理運営も行っております。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  3

なぜやるのか

小学生の体力良好率29.8%(東京都23区で最下位)でスポーツサンマ(時間・空間・仲間)が圧倒的に不足している荒川区。
でも、このマチにもスポーツを愛し、日夜練習に励む子どもがいる。
まだスポーツの魅力に、喜びに、感動に触れたことのない大人もいる。
私たちは、少年少女サッカークラブ(FC LIGAR / FC HERMANA)運営を火種に、荒川区発・多種目多世代の総合型地域スポーツクラブを目指します。
スポーツの「つなげる」力を通じて荒川区を”自然なあいさつが飛びかう故郷(マチ)”に。
そんな日を夢見て・・・

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  4

どうやるのか

スポーツを通じて人を、町を、地域をつなぐ。

スポーツが本来持つ力を発揮する上で、年齢や性別は関係ないと考えています。

共にスポーツを「やった」人は、共通経験を通じて新たな「絆」を得ます。共にスポーツを「見た」人は無意識のうちに「感情」を共有します。共にスポーツを「応援した」人は声を合わせて歌い、同志としてお互いを「信頼」し合います。

私たちは、このスポーツが持つ人と人を「つなげる」力を活かすことで、老若男女問わずこの町に暮らす人々をつなぎ、そして、「地域を一つにしたい」と考えています。本来出会うはずのなかった人と人がスポーツを通じて出会い、絆が生まれ、人生を共に歩んでいく。その点が増えることで町を歩くだけで自然と挨拶が飛び交い、そこら中に笑顔の花が咲いている、そんな温もりある文化をつくっていきたい。その地域に暮らす人々の生まれた場所は異なっていても、今住んでいる場所に”ふるさと愛”を感じ、「私が住んでる町ってめちゃくちゃ良いトコだよ!」と胸を張って言える、そんな笑顔と愛情でいっぱいの温かい地域文化を育んでいきたい、そう考えています。

Tumblr mn8b8slrb61rkz363o1 1280

会社情報

創業者
石尾 潤
設立年月
2016年4月
社員数
11人
業界
その他
住所
東京都 荒川区南千住2-19-2幸生桜レーベン4階

スキルを身につけたい

Bnr wpp@2x

就職・転職活動の前にスキルや知識を身につけたい方は、トレーナー/栄養士/指導者/スポーツビジネスなどスポーツ界を支える分野で世界のトップ人材になりたい方向けのカリキュラム「World Player Project」もご用意しております